30代に突入し、純粋に「生きる」ことを考えると、心に【ゆとり】が持て、人に接する楽しさを知った。仕事が私事、私事が仕事、そんな山と谷の日常を書いてみます。
by imazy
お気に入りブログ
ちくしん今井章介のブログ
あの日のバッタが笑っている
Yumi's ブログ
原点回帰
牛べえのブログ
IMAZY おススメ

◆牛べぇ公式サイト

◆牛べぇブログ
◇店長がなじみやすい雰囲気で迎えてくれます☆焼肉はモチロン、食後のスイーツは絶品☆


□天神・大名  落ち着ける洋楽バラードが社会の喧騒を忘れさせてくれるBarです。オーナーは野球大好き☆


□天神  今日の自分を悟れる場所。人より先に進みたい方は必ず行くべきお店!自分自身と、マスターと語らいながら美味を堪能できます。


□たこ焼き B↑G UP!(ビゴップ)
めちゃ旨たこ焼きビゴップに薬院店ができました。たこ焼きはお持ち帰りもできますし、お店でも食べられます。焼き鳥やドリンクもあるから居酒屋感覚でも利用できますヨ(☆з☆)
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
私の 「一月一文」 の紹介
                      未来

私はこの言葉が大好きです。今、「未来」を思うとき、何を考えるでしょうか。

自分、家族、社会、心に想う人、自分を取り巻く人間関係、組織、など多々あります。

生活していると様々な場面において、「未来」は登場します。

例えば、「この会社に10年勤めた!」場合、

10年前の自分と現在の自分を比較してみる、

また、10年前に今の自分を描いていたか、を考えます。

すると、今の自分が思い描く未来が少しずつ近づいてくる、そんな気がするのです。

「過去は停止、今は瞬き、未来は躊躇い」と言われます。

人は、「今、または自分の現状」に囚われやすく、

「今」が楽しければいい、「自分」に関係ないから、

など現状や立場に満足してしまう傾向にあります。

私は、人の成長や可能性は年齢に関係無く、未知数だと思っています。

目標を達成し満足を感じるのは悪いことではありません。

ただ、子供や部下、後輩など後世を担う人材のために、

瞬く今、「満足」より「未来」を想う大切さを伝えたいと考えています。

そうすることで、自身にもまた新たな「未来」が姿を見せ、

家族や社会に活力ある「足跡」を残せるのではないでしょうか。



上記は私が昨年から行っている「一月一文」です。
自分の経験などを通じて考えたことの1つにタイトルを付け、書きました。
2009年、多数の派遣切りなど、過去には例のないことが起こっている現代です。
これからの社会はどう変化するのか、誰もが持つ疑問です。
それは今生きている私たち1人1人の歩き方で形成されていく、と信じてます。
「未来は躊躇いながらやってくるもの」 
今を焦らずにジックリと先を見ていたいものです。       Imazy
[PR]

by imazy | 2009-01-06 01:00
<< クロス貼り 2009年ですな! >>