30代に突入し、純粋に「生きる」ことを考えると、心に【ゆとり】が持て、人に接する楽しさを知った。仕事が私事、私事が仕事、そんな山と谷の日常を書いてみます。
by imazy
お気に入りブログ
ちくしん今井章介のブログ
あの日のバッタが笑っている
Yumi's ブログ
原点回帰
牛べえのブログ
IMAZY おススメ

◆牛べぇ公式サイト

◆牛べぇブログ
◇店長がなじみやすい雰囲気で迎えてくれます☆焼肉はモチロン、食後のスイーツは絶品☆


□天神・大名  落ち着ける洋楽バラードが社会の喧騒を忘れさせてくれるBarです。オーナーは野球大好き☆


□天神  今日の自分を悟れる場所。人より先に進みたい方は必ず行くべきお店!自分自身と、マスターと語らいながら美味を堪能できます。


□たこ焼き B↑G UP!(ビゴップ)
めちゃ旨たこ焼きビゴップに薬院店ができました。たこ焼きはお持ち帰りもできますし、お店でも食べられます。焼き鳥やドリンクもあるから居酒屋感覚でも利用できますヨ(☆з☆)
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:交流 ( 22 ) タグの人気記事

オイスカ研修生との交流会!
10月13日(月)オイスカ西日本研修センターの海外研修生たちとバドミントン交流会を開催しました総勢32人、4人一組で8チームに分かれ、ダブルスで総あたりで試合しました(疲△労)研修生たち、初めてって言ってたのに少しの練習で上手になってました(>ψ<)彼らの身体能力は素晴らしいものですよ!皆さん必見です(オOオ)

ちなみに私のチームは ツェトップ(チベット、メガネかけてる)、マフムッド(パキスタン、ヒゲが特徴)、りこ(日本、福農ハイスクール)、IMAZY(日本、幼い33歳)で、私が出た試合は全て負けました(ガ△クッ)2勝5敗でした。。。どうでもいい話ですが、久しぶりに体育館に入るとテンション上がりますね(上▽上)ステージにマフムッドが座ってたんで、横に座ろうと思い、走ってジャンプして座ろうとしたときに、私のジャンプが甘かったのか、ステージにケツを強打してしまいました(激◇痛)心は小学生に返っても体は返りません(×з×)しかし、交流会は盛り上がった感じで安心しました☆

f0188163_2503969.jpg


初めて参加した23歳ユタカの感想ですが、

「研修生と初めて顔を合わせる時、何故か恥ずかしかった」

そうです。やはり日本人が初対面で考えることは「周囲の目」なんです。うまく挨拶できるかな、笑われないだろうか、話せなかったらどうしよう、など不安を感じるのでしょうね。そんなユタカも最後は写真に写りまくって研修生と笑いながら話してましたけど!

f0188163_2534322.jpg


あっという間の2時間でしたが、体育館の確保、チーム分け、景品、飲み物など準備の時間は凄く長く感じました。バラバラの人の集まりを無事にまとめ、成功できたのは、ご協力くださったオイスカのスタッフの方々をはじめ、私の周りの方々の知恵やアイデアあってのことだと痛感しています。本当にありがとうございました!また、オリジナルな企画をして、人生において貴重で楽しい交流会を企画していきますね!今回、参加できなかった方も良かったら来てみてください!

次回の交流会は

オイスカ西日本研修センター主催の「2008年度 第2回 茶話会」 です!

とき   2008年11月7日(金) 18:45~20:15
ところ  オイスカ西日本研修センター 2回ホール
内容  カンボジア、ミャンマー、フィジー研修生の国の紹介
     フィリピンの家政研修生が作ったお菓子
参加費 300円
問い合わせ TEL 092-803-0311 FAX 092-803-0322  元井まで!

研修生は日本語も上達し、色々な人ともコミュニケーションが取れるようになってきたと思います。興味のある方、ぜひ足を運んでくださいね!


  
[PR]

by imazy | 2008-10-16 00:34
オイスカの海外留学生と交流しませんか(^^)
みなさん、こんにちは。IMAZY(イマズィー)です。
突然ですが、みなさんは「オイスカ」という組織をご存知ですか?
「オイスカ」は大きな組織で、活動も幅が広く・・・
あ、実は私も全ては把握できていません(ナン△ダヨ)

で、ちょっとホームページから引用
*************************************************************
オイスカ・インターナショナルは、「すべての人々がさまざまな違いを乗り越えて
共存し、地球上のあらゆる生命の基盤を守り育てようとする世界」を目指して
1961年に設立され、現在24の国と地域に組織を持つ国際NGO団体です。
財団法人オイスカは、1969年にオイスカ・インターナショナルの基本理念を
具体的な活動によって推進する機関として生まれ、主にアジア・太平洋地域で
農村開発や環境保全活動を展開。特に人材育成に力を入れ、オイスカの研修
を修了した現地の青年は、各地で地域開発に取り組んでいます。
国内では農林業体験やセミナー開催などを通じて啓発活動を積極的に進めて
います。
**************************************************************

f0188163_244892.jpg
>>ホームページはこちら

簡単に詳しく?説明しますと、海外からの留学生に勉強を教えているところですね(簡▽単)

私が5月から付き合いをしているところは「オイスカ西日本研修センター」です。

留学生は1年間(4月~翌年3月)日本で農業を勉強します。
そのために、約2ヶ月の日本語教育があり、5月に入所式、6月に日本語基礎研修終了式があります。
あまり知られていませんが、交流を目的とした茶話会、夏祭りなどのイベントが定期的に開催されているのです。

研修生は25人ほどで、平均年齢は26歳くらいかな(不▽詳)
私は職員の元井さんとよく話をするのですが、元井さんの悩みが「普段、研修生が接する人は、高齢の方か小学生 がほとんど」だそうです(汗◇汗)福岡では知名度が低く、海外研修生に自由な時間は限られているので、高校生、同世代、または現役の社会人と関わる機会がない、ということでした。
「だったら、自由で楽しい交流会をしましょう!」ということで、自由に参加できる交流会を企画していこうということになりました~(思ψ考)

私の後輩23歳♂が4月からニュージーランド、6月からはカナダへ留学しました。
時々連絡がありますが、とても不安だらけなことを言ってましたねぇ(>o<)オウ! 
そんな留学している後輩を想うと、留学先で「心が躍る楽しみ」を持ってほしい、「日本に帰るまで楽しく過ごしてな!」なんて考えてしまいます。

考えてみれば、日本に来ているオイスカ研修生も、私の後輩と似た立場なんですよね。
特に、祖国の親や兄弟姉妹、友人など、待っている人の想いは同じだと思います。
私たち自国民(留学生を迎え入れる側)が、海外留学生と交流することで、彼らの心の中に勉強以外の楽しみや経験などの何かが残るはず。私達の心の中にも、将来に活かせるような貴重な時間・経験として残すことができるのでは、と考えています。
特に、日々忙しく時を過ごしがちな日本の社会の中で、こういった異国の人や文化に触れ合う時間というのは、やはり特殊で貴重な気がするのです。
私IMAZYも、30代になり、研修生と話をしたり踊ったりして、自分の中で「何か」が変わって世界が広がりました(ネ▽オ)

というわけで、今回みなさんにお知らせする『オイスカ留学生との自由で楽しい交流会』はだいたい下記の通り、実施いたします。

日時 : 10月13日(月・祝) 12時~15時
場所 : 福岡市立 脇山小学校  の体育館 (早良区)
内容 : バトミントン

研修生17名 一般参加14名で開催します!

もし興味がある、気になる、という方は覗いてみませんか?

11月には茶話会があります。詳しい日時など案内しますので気軽に参加してくださいね!


IMAZY
[PR]

by imazy | 2008-10-02 01:22